ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

FX業者のヒストリカルデータを簡単に入手する方法

【2019/10/1記事復旧】
元の投稿日は2019/5/30でURLは「https://autofx100.com/2019/05/30/212826/」でした。

チャートを開いてFnキーを押しながらPgUp/PgDnキー

バックテストする際にヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)が必要になります。

メタクォーツ社のデータやFXDDが公開しているデータを使ってもいいのですが、精度が一番高いのは自分の使っているFX業者のデータでしょう。

そこで、FX業者のヒストリカルデータを簡単に手に入れる方法をお伝えします。

個人的には一番ラクな方法だと思っています。

まず、初回のみ必要な設定から。

MT4上部の[ツール]-[オプション]をクリック。

[ヒストリー内の最大バー数]と[チャートの最大バー数]に適当に99999999999999999とでも入れて[OK]をクリック。

すると、自動的に下記画像のように最大値が設定されます。

MT4オプション画面

これでヒストリカルデータを限界までダウンロードできる準備が整いました。

次に、取得したいヒストリカルデータの通貨ペアと時間足のチャートを開きます。

そして、MT4画面上部にある以下のボタンをOFF(押していない状態)にします。

チャート自動スクロールOFF

あとは、Fnキーを押しながらPgUpキーかPgDnキーを押し続けるだけ。

チャートがうわーっと一気にスクロールされます。これでヒストリカルデータは自動的に生成されています。

これを欲しい通貨ペアと時間足の数だけ繰り返せばOKです。

ちなみに、仮に15分足でトレードしているなら、それより下位足(1分足、5分足)のヒストリカルデータも取得しておいた方がいいでしょう。

Fnキーを押しながらのPgUp/PgDnキーはとても便利なチャートスクロール手法です。ぜひ覚えておきましょう!

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG