FXは上がるか下がるかの2択だから勝率50%?

アイキャッチ

そう思った方、スプレッドのことを忘れていませんか?

ある教材のバナーにタイトルのような見出しがあって、残念な気持ちになりました。

ただの無知なのか悪意なのかは分かりませんが、FXの勝率が50%というのは間違いです。

理由はスプレッド(ないし手数料)が考慮されていないからです。

イメージを掴んでもらうために、サイコロを使った半・丁の博打を想像してみてください。

あなたは博打の参加者です。

この博打に一回参加するごとに、元締め(サイコロを振る人ら)に参加料を払わなければなりません。

博打の環境を提供してくれているのだから仕方ありませんね。

さて、当たるか外れるかは50%の確率です。

賭け金を一定にしていた場合、最終的にどうなるでしょうか?

はい。ご想像の通り破産します。

当然ですね。参加料を払っている分、勝率(儲かる確率)は50%未満になっていますから。

勝率が50%未満の状態で何度も賭けを行えば、収支曲線は下がり続けます。

もし手数料がタダなら、収支トントンです。儲かりもしなければ損もしません(厳密には時間を失っているので損ですが)。

FXに話を戻すと、この参加料がスプレッドです。

我々がトレードする時は、このスプレッド(あるいは手数料)という名の参加料を必ず払わなければなりません。

それ故、FXは上がるか下がるかの2択ではあるけれど、勝率は50%ではないんです。

その50%未満の勝率を50%以上にするために、優位性(エッジ)のある手法を探すわけです。

スプレッドのこと、忘れないでください。

地味で目立たない存在ですけど、これがあるから殆どの人はFXで勝てないんですから。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



nine + sixteen =