ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!
TAG

バックテスト

  • 2017年11月11日
  • 2019年10月4日

TradeviewのILC口座でバックテストする時の注意点

口座通貨とバックテストの通貨は揃えるべし TradeviewのILC口座でバックテストする際、口座通貨とバックテストの通貨を揃えないと、手数料が正しく計算されないことが確認されています。 バックテストの通貨というのは以下の赤枠のことです。 例えば、口 […]

  • 2016年10月26日
  • 2019年10月10日

[パラメーターの入力]タブで全角文字列が表示されないバグ

日本語を表示できないので地味に不便 ストラテジーテスター(バックテスト)の[エキスパート設定]ボタン押下後、[パラメーターの入力]タブを選択した際に表示されるEAパラメータ一覧において、全角文字列が表示されないバグが、Build600以降に存在してい […]

  • 2016年5月21日
  • 2019年10月10日

ビジュアルモードのバックテストが速過ぎる時の対処法(2)

ポジション数が増減した時だけ一時停止させる ビジュアルモードのバックテストが速過ぎる時の対処法で、ビジュアルモードでのバックテストのスピードが速すぎる場合のスピードダウンテクニックをお伝えしました。 今回は、さらに一歩進めて、ポジション数が増減した時 […]

  • 2016年2月6日
  • 2019年10月10日

ビジュアルモードのバックテストが速過ぎる時の対処法

スライダーを一番右にすると尋常じゃない速さに EAにしてもインジケーターにしても、バックテストにおいてチャートを表示しながら動作確認することはよくあると思います。 [ビジュアルモード]にチェックを入れればチャートに表示され、動作の速度を変えたい場合は […]

  • 2015年11月1日
  • 2019年10月4日

バックテストが問題なくても、フォワードテストは必須

焦りは禁物、想定外のバグは潜んでいる 当ブログの読者の方からEA作成を依頼され、伺ったロジックはさほど難しいようには感じられず、これならそんなに時間がかからないだろうと思ったのですが、これがなかなかの強敵で苦戦しています。 バックテストまでは結構すん […]

  • 2015年5月31日
  • 2019年10月4日

Modelling qualityは99.9%にならない

99.9%のカラクリはバックテスト結果の捏造 私と同じ過ちを犯してほしくないので、投稿します。結論から言いますと、ストラテジーテスター(バックテスト)のレポートに記載されている、モデリング品質を表すModelling qualityは99.9%になり […]

  • 2015年4月12日
  • 2019年10月4日

インジケーターのバックテスト用EAを自動生成するツール

※2016/8/22現在、インジケーターのバックテスト機能がMT4に標準搭載されていますので、本ツールは不要になりました。そのため、本ツールのダウンロードは中止しました。予め、ご了承ください。 インジケーターのバックテスト用EAを作れる夢のツール? […]

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG