ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

ひと月ごとずらしながら自動でバックテストしてくれるツール【メルマガ会員限定】

メルマガに登録してくれた人へのクリスマスプレゼント

EAの成績を分析するのに役立つMT4のバックテスト。正式名はストラテジーテスター。

使っている方も多いと思います。

で、使っていると、長期間のバックテスト結果を月ごとに分割して分析したいなーってことありませんか?

月ごとの変動がどれくらいあるのか、知りたいですよね?

でも、開始・終了年月を1ヶ月ずつずらしながら実行するのは面倒すぎて、実際にやる人は少ないと思うんですよ。

そんなあなたに朗報です。

開始・終了年月をひと月ごと自動でずらしながらバックテストするツールを作成しました!

以下からダウンロードできますので、良かったらお使いください。

ひと月ごとの自動バックテストツール
サイズ: 2.0KB
バージョン: 1.0
公開:2019年12月22日

ただ、ダウンロードにはパスワードをかけています。パスワードはメルマガ登録特典のダウンロードと同じものです。

メルマガ登録がまだの方はメルマガ登録ページから登録お願いします。パスワードがかかれた自動返信メールが届きます。

中身はWindowsバッチファイルになっています。

使い方ですが、まずファイルを右クリックして適当なテキストエディタで開いてください。

そして、「本ツール利用者向け設定」エリア内の各設定値(terminalとかexpert)をご自身の環境・EAに合わせて修正して保存してください。

保存できたら、当ファイルをダブルクリックするなりエンターキー押すなりして実行してください。

そうすれば、コマンドプロンプトが開いて、MT4が自動で開いて、バックテストを始めてくれます。

結果レポートはtester/filesに保存されます。

本ツールを作るにあたって、MT4の標準機能だけでEAのバックテストを自動で行う方法Configuration at Startupを参考にさせていただきました。

あ、そうそう。MT4に付属しているオフラインヘルプ(クライアントターミナル→ツール→起動時の構成)にもパラメータの説明があるんですけど、嘘っぱち(オフラインヘルプにはTestSpreadやTestVisualEnableがないし、逆にTestRecalculateなんていう意味不明なパラメータもある)なので気を付けてください。Configuration at Startupが正解です。

それと、MT4の標準機能だけでEAのバックテストを自動で行う方法さんの記事では、終了日が31日指定ですが、これはダメです。何がダメかっていうと、月の最終日がテストされません。4/31とかになるから?とかの問題ではなく、終了日を4/30にしたとしても4/30はテスト対象外になります。この話はまた別の記事にて説明します。

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG