ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

Tradeviewのライブサーバーでスプレッドを1週間計測した結果

日本時間の早朝時間帯以外なら0.5pips未満を維持

たかがスプレッド。されどスプレッド。

地味なのにトレードの成績に大きな影響を与える憎い存在です。

そんなスプレッドをちゃんと調べてみようと思い、私が使っているTradeviewのライブサーバー(ILC口座)で、主要通貨ペアであるEURUSDとUSDJPYのスプレッドを1週間(2019/10/21-2019/10/25)計測してみました。

計測に使ったのは自分で作ったSpread Visualizerというインジケーター。

ティックごとにスプレッドをCSVファイルに出力し、それをチャートのサブウィンドウに時系列に表示してくれるインジケーターです。

正確にはローソク足ごとの平均、最大、最小のスプレッドを表示してくれます。

こんな感じです。

スプレッドビジュアライザーのイメージ

赤線が最大スプレッド、青線が最小スプレッド、黄線が平均スプレッドです。緑の数値は現在のスプレッドです。

スプレッドの時系列推移が見えるインジケーターってありそうでないんですよね。

だから自作してみました。こういう時、自分でEAやインジケーターを作成できるスキルがあると便利ですね。

さて、CSVファイルをエクセルで加工し、2019/10/21(月)のEURUSDのスプレッドをグラフ化してみました。

Tradeviewライブサーバースプレッド 20191021

横軸はサーバ時間、縦軸がスプレッド(pips表記)です。他の日も大体同じような動きでしたので、10/21のみとしています。まぁデータ量が多すぎてグラフ化しにくかったということもあります。

グラフからサーバ時間の23:00~2:00(日本時間の5:00~8:00)の間でスプレッドが広くなっていることが分かります。

上記以外の時間帯ではスプレッドが狭いことも分かります。高くても0.5pips程度でした。

どれぐらい狭いかを説明するために、pips区間ごとのスプレッドの個数を表にまとめてみました。

スプレッドヒストグラム_EURUSD_20191021

なんとゼロスプレッドが1日の中で4割強も占めています!

0.2pips以下まで広げると1日の中で95%も占めています。驚異的な期間の狭さですね。

以下の記事で書いた通り、本当にスプレッドが狭くなっていることが実感できました。恐るべしTradeview。

autoFX

ILC口座が対象 Tradeviewからこんなメールが届きました。 Dear Trader ! As you know,…

元のCSVデータは以下からダウンロードできますので、ご自由にお使いください。

Tradeviewライブサーバー(ILC口座)のスプレッドデータ_EURUSD

Tradeviewライブサーバー(ILC口座)のスプレッド
2019/10/21-2019/10/25
Spread Visualizerから出力したCSVファイルを少し加工したもの

サイズ: 573.0KB
バージョン: 1.0
公開:2019年10月30日
Tradeviewライブサーバー(ILC口座)のスプレッドデータ_USDJPY

Tradeviewライブサーバー(ILC口座)のスプレッド
2019/10/21-2019/10/25
Spread Visualizerから出力したCSVファイルを少し加工したもの

サイズ: 748.0KB
バージョン: 1.0
公開:2019年10月30日

「スプレッドが0.1pips以下の時だけトレードする」といったかなり厳しめのスプレッドフィルターを使えば、結構勝ちやすいスキャルEAができるんじゃないかと期待しています。

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG