MQLエディターは秀丸に落ち着きました

アイキャッチ

MQLファイルのエディター探しの旅、完結

メタエディターを試してみたり、VSCodeを試してみたりと右往左往していましたが、結局、一周回って秀丸に落ち着きました。

そもそも秀丸以外のMQLエディターを探していた最大の理由は「コンパイル結果を標準出力できなくなり、秀丸内でエラー箇所に直接飛べなくなったから」でした。

それが解決したのです!!

右往左往したおかげです。

VSCodeを試している中で、Powershellコマンド経由でコンパイルを実行し、そのログファイルを読込み標準出力するというスクリプト(COMPILE-MQL.PS1)を見つけたわけですが、「これを秀丸に応用すればいいんじゃない?」と思いついて試してみたら上手くいったのです。

これで秀丸を使わない理由がなくなったわけです。

シェアウェアなのがネックになる人もいるかもしれませんが、それだけの価値は十分にある製品だと思いますよ。起動時の通知さえ我慢すれば無料でも使えますし。

秀丸は15年近く使っていて完全に手に馴染んでいるので、ほんとに良かったです。

ただいま、秀丸^-^

秀丸の設定方法

備忘録がてら、秀丸の設定方法を紹介します。

秀丸のプログラム実行

上図のコマンドライン部分の全文は以下の通りです。

Compile-MQL.ps1の中身は以下の通りです。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



fourteen − 8 =