ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

バックテストではTimeLocalとTimeCurrentは同じ値を返す

どちらもバックテストで設定した期間の日時を返す

タイトルと見出しで言いたいことは言い尽くしてしまっていますが、意外と気づいていない方もいるかなと思い、記事にしてみました。

TimeLocal関数はローカルPCの日時(通常は現在の日本時間)を返し、TimeCurrent関数はサーバ日時を返す関数ですが、バックテスト時はどちらも同じ値(バックテストで設定した期間の日時)を返すようになっています。

TimeLocal関数の挙動が、フォワードテストとバックテストでは異なるので要注意です。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG