ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

OrderSelect(*, *, MODE_HISTORY)は口座履歴タブを参照するトンデモ仕様

プログラムなのに画面表示設定に影響を受けるとかあり得ない

前回のトレードが勝ったとか負けたとかとかでプログラムの動きを変えることが時々あります。

そんな時に使うのがOrderSelect(*, *, MODE_HISTORY)です。

これを使うことで過去のトレード履歴を参照できます。

しかし、これにはとんでもない制限がつきます。

それはMT4のターミナルウィンドウにある口座履歴タブにあるトレード情報しか取得できないというものです。

この部分のことですね。

口座履歴タブ

口座履歴タブの表示って人によって違うじゃないですか。全履歴を表示する人もいれば、直近1ヶ月しか表示しない人等。

その表示設定に影響を受ける仕様とか信じられません。どうしてこんな仕様にしたのか考えた人に聞いてみたいですよ。

ですから、この関数を使う時は必ずマニュアル等で口座履歴タブの表示をこうしてと書く必要があります。

そうしないとトラブルに発展しかねないですからね。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG