ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

1本の足で1回だけ仕掛ける機能 足形成中版

足生成時ではなく足形成中に仕掛けるには

1本の足で1回だけ仕掛ける機能および1本の足で1回だけ仕掛ける機能 改善版の記事にて、1本の足で1回だけ仕掛ける機能をご紹介しました。

これらはいずれも足生成時(足確定時)の瞬間に仕掛けたい時に使うものでした。

しかし、足形成中に仕掛けたいこともあると思います。この場合、以前ご紹介した方法では実現できませんでした。

そこで、今回は足形成中に一度仕掛けた後は、その足では仕掛けないコードをご紹介します。

// 中略
datetime gTime = 0; // グローバル変数として定義している所がポイント
// 中略
//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert tick function                                             |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnTick()
{
  // 1本の足で1回まで
  if(gTime != Time[0]){
    // @@@@@@@@@@@@@
    // 仕掛け処理等
    // @@@@@@@@@@@@@

    gTime = Time[0]; // 現在の足の始値時刻を退避
  }
}

すごくシンプルですね。

やっていることは、Time[0]で現在の足の始値時刻を取得し、それと退避しておいた始値時刻とを比較しているだけです。一致していなければ、異なる足と判断できるわけですね。

なお、上記はEA挿入直後にも条件が成立してしまうので、必要であればもう一工夫(例えば、gTime=0なら仕掛けないというif文を入れる等)した方が良いでしょう。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG