ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

トラリピ系EAを作成してみる(7)

フォワードテストは一旦終了

myfxbookにてフォワードテストを公開してきましたが、本日2017/1/26で一旦終了としました。

十分な期間、テストできたと判断したためです。さすがに致命的なバグは潰せたでしょう。

フォワードテスト中に、もう1つだけアイデアが浮かんだので、それを実装した上で完成とします。

そのアイデアとは、最も逆行側に位置するトラップのロット数を任意の倍率で増やすことです。

なぜこんなことをするかというと、全決済モードをさっさと終わらせて、トラップを再構成したいからです。

ロット数が均一でなくなるので、ロット数の影響がある所(例えば、平均仕掛け価格の計算等)は修正しないといけません。

デモ口座での稼働状況から見て、AutoEndlessTrap(AET)は年利10%ぐらいのEAになりそうです。

ガッツリ儲けるタイプではないですが、完全ほったらかしで地道にコツコツ稼いでくれるはずです!

本番口座でのAET稼働まであと一歩です。楽しみ。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG