ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

秀丸をメタエディターに変える方法

メタエディターは、EAを作成するための専用環境なので、通常はこれを使います。

ですが、私は秀丸を使うことが殆どです。

理由は、「使い慣れているから」の一言に尽きます。本業の関係上、テキストエディターを使うことが多いのですが、秀丸には色々と便利な機能が備わっており、文章を書いたり、CSVデータを操作したり、ログファイルを解析したり、プログラミングしたりと様々なシーンで活躍してくれます。

当然、EAの作成も秀丸でやりたいなぁと思うわけですよ。

それで、調べた結果、秀丸をメタエディター化する方法が、以下の記事に掲載されていましたので、ご紹介します。

■秀丸をMQL4エディター(MetaEditor)にする方法
http://winnerlife.blog35.fc2.com/blog-entry-1039.html

基本的には上記の記事の手順でOKなのですが、記事自体がちょいと古く、一部適さない箇所があるので、変更点だけ以下に書きます。

  • MQL(64).exeのダウンロードとインストール
  • コマンドラインの修正
  • [プログラム実行]のキー割り当て方法

MQL(64).exeのダウンロードとインストール

MQL4のコンパイラであるMQL.exe(32bitバージョン)またはMQL64.exe(64bitバージョン)をダウンロードします(2018/2/15現在、ダウンロード先が無くなりました)。OSが32bitなら前者、64bitなら後者をダウンロードします。

ダウンロードしたら、MT4のインストールディレクトリ直下に移動します。

MT4インストールディレクトリ直下

コマンドラインの修正

「④コンパイルの設定」のコマンドラインの記述については、上記記事のものではなく、以下を使います。読み替えてください。

「”(MT4インストールディレクトリ)\mql64.exe” “%f”」

なお、(MT4インストールディレクトリ)の部分は、人それぞれ異なるので、自分のディレクトリ名に変更してください。そのままコピペなさらぬように。

[プログラム実行]のキー割り当て方法

「おわりに」の余談に書いてあるところも重要なのですが、なぜか手順が端折られていますので、補足しておきます。

[その他]-[キー割り当て]をクリックすると、キー割り当てダイアログが表示されます。

キー割り当ての起動

[キー]欄で任意のキーを選択し(私はF5キーを使用)、[コマンド]欄で[プログラム実行]を選択したら、[OK]ボタンをクリックします。

キー割り当て設定

以降は、F5キーを押せば、プログラム実行画面が表示され、[OK]ボタンをクリックすれば、プログラムが実行(今回の場合、MQL4ファイルがコンパイル)されます。

本記事は、MetaEditor Version 5.00: Build 934をもとに書かれています。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG