コンパイルエラーが発生しても落ち着いて

アイキャッチ

英語のメッセージに拒絶反応を示さないで

MQL4でEAやインジケーター等を作成してコンパイルすると、エラーが発生することがしょっちゅうあります。

コンパイルエラー

プログラミングに苦手意識を持っている人は、英語のエラーメッセージが出てしまうと、「謎の記号が出た!もうダメだ!」と思考停止になってしまうようです。

でも、恐れないで!

これは、メタエディターが開発者にヒントを与えてくれているのです。

この例で言えば、「’undeclaredVar’ – undeclared identifier」ですね。直訳すると、「undeclaredVar – 宣言されていない識別子」となります。

識別子というのは殆どが変数のことです。宣言というのは「int ***」や「double ***」といったやつです。

つまり、「undeclaredVarの型宣言を忘れていませんか?コードをもう一度確認してください。」と言っているわけです。

このように、エラーメッセージは決して怖い存在なのではなく、開発者を正しい道へと導いてくれる心強いアドバイザーなのです。

ちなみに、エラーメッセージの行をダブルクリックすると、問題のある箇所に自動でジャンプしてくれます!(素敵!)これ、とても重宝します。

ダブルクリックするとエラー箇所にジャンプ

たまに、とんちんかんなエラーメッセージを出力してしまうこともありますが、それはご愛嬌ということで(笑)

セミコロン付け忘れの場合、間違った場所を指す例

それと、以下のサイトにコンパイルエラーの一覧が纏めてありますので、コンパイルエラーが出てしまった時にご活用ください。具体的には、エラーメッセージを本家で検索し、エラー番号を特定します。そして、その番号を和訳サイトで検索して、どんなエラー内容かを確認します。

Compilation Errors(本家)

コンパイルエラー(和訳)

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



one × three =