ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

iniファイルの読み込み方

セクションとキーから値を取得する

テキストファイルの読み込み方で、テキストファイルを読み込むする方法を説明しましたが、今回はiniファイルの読み込み方法について説明します。

iniファイルは設定ファイルとして使われます。EAやインジケーターのパラメータを外部ファイル化できるイメージですね。

複数のEAやインジケーターでパラメータを共通化したい時(というケースは稀でしょうが)に役立つかもしれません。

まずは、サンプルコードをご覧ください。

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                       Sample.mq4 |
//|                                     Copyright (c) 2018, りゅーき |
//|                                           https://autofx100.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright (c) 2018, りゅーき"
#property link      "https://autofx100.com/"
#property version   "1.0"
#property strict

//+------------------------------------------------------------------+
//| ライブラリ                                                       |
//+------------------------------------------------------------------+
#include <stderror.mqh>
#include <stdlib.mqh>
#include <WinUser32.mqh>
#include <Original/Application.mqh>
#include <Original/Basic.mqh>
#include <Original/DateAndTime.mqh>
#include <Original/LotSizing.mqh>
#include <Original/OrderHandle.mqh>
#include <Original/OrderReliable.mqh>

#import "kernel32.dll"
  int GetPrivateProfileStringW(string sectionName, string keyName, string defaultValue, string &returnValue, uint bufferSize, string iniFilePath);
#import

//+------------------------------------------------------------------+
//| 定数                                                             |
//+------------------------------------------------------------------+

//+------------------------------------------------------------------+
//| EAパラメータ設定情報                                             |
//+------------------------------------------------------------------+
extern int MagicNumber = 20171204;

//+------------------------------------------------------------------+
//| グローバル変数                                                   |
//+------------------------------------------------------------------+
// 共通
double gPipsPoint     = 0.0;
int    gSlippage      = 0;
color  gArrowColor[6] = {Blue, Red, Blue, Red, Blue, Red}; //BUY: Blue, SELL: Red

//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert initialization function                                   |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
{
  string sectionName  = "section";
  string keyName      = "key";
  string defaultValue = "default";
  string returnValue  = "";
  uint   bufferSize   = 255;
  string iniFilePath  = TerminalInfoString(TERMINAL_DATA_PATH) + "\\MQL4\\Files\\test.ini";

  int dmy = GetPrivateProfileStringW(sectionName, keyName, defaultValue, returnValue, bufferSize, iniFilePath);

  Print("returnValue = ", returnValue);

  return(INIT_SUCCEEDED);
}

//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert deinitialization function                                 |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnDeinit(const int reason)
{
}

//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert tick function                                             |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnTick()
{
}

test.iniの中身は以下です。

[section]
key=Great

ポイントは以下の2箇所です。

#import "kernel32.dll"
int GetPrivateProfileStringW(string sectionName, string keyName, string defaultValue, string &returnValue, uint bufferSize, string iniFilePath);
#import
int dmy = GetPrivateProfileStringW(sectionName, keyName, defaultValue, returnValue, bufferSize, iniFilePath);

GetPrivateProfileStringW関数はWindows APIの1つで、kernel32.dllの中で定義されています。

MT4の標準関数ではありませんのでご注意ください。

importは、外部dllを読み込む際に使います。この例では、外部dllのkernel32.dllをMT4内で使えるように読み込むよ、という宣言になります。

外部dllの読み込み

MT4はこんな風に外部のdllを読み込んで利用できるんですね。知っておくとEAやインジケーターの実装幅が広がってとても便利です。

ポイントです!
吹き出し

さて、importで定義した後は、int dmy = GetPrivateProfileStringWで関数を呼び出して、iniファイルを読み込みます。

iniファイルはセクションとキーから値を取得する構造となっています。sectionNameとkeyNameを引数として渡すと、値(この例ではGreat)がreturnValueに格納されて戻ってくる仕掛けです。

あとは、returnValueを使ってやりたいことを実現しちゃってください!

なお、dmyはダミーの意味で、この関数の戻り値は使わないよと明示するための独自ネーミングルールです。

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG