ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

cTrader(cAlgo)にもデータウィンドウと一応CSVファイル選択はあった

MT4のデータウィンドウよりも便利

cTrader(cAlgo)を使って気づいた7つのことに「データウィンドウがない」と書きましたが、嘘でした。ちゃんとありました。

当時は存在に気づきませんでした。

cTrader(cAlgo)ではデータウィンドウという名前ではなく、マーケットスナップショットと言います。

[ツール]メニューから[マーケットスナップショット]を選択するか、Ctrl+Dで表示されます。Ctrl+Dをオススメします。

マーケットスナップショットのメニュー

マーケットスナップショット

使ってみると、MT4のデータウィンドウより使いやすいです。チャート上にウィンドウが出るのは良いですね。

バックテスト用のCSVファイルも選択できるがイマイチ

MT4では任意のCSVファイルを読み込んでバックテストできますが、cTrader(cAlgo)にも一応その機能はあります。

バックテストのCSVファイル選択

ただ、画像をよく見てもらえば分かるのですが、1分足の始値のみで、ティックごとの動きは見れません。

その点は、疑似ティックではあるもののティックごとの動きが確認できるMT4に軍配が上がります。惜しいなぁ。

ビジュアルモードは無い(と思う)

MT4で言うところのビジュアルモードは残念ながら見当たりません。ティックごとの動きをチャートでチェックしたくても出来ないということです。これは痛いですね。

リアルタイムで判断するEAというかcBotの場合、デモ口座のフォワードテストしか方法が無いのはすごく不便です。

cTraderとcAlgoの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG