ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

3桁カンマ区切り文字列の関数

チャートに表示する時に使う

トレードに直接関係ありませんが、何らかの数値(例えば現在保有中のポジションの合計損益額)を3桁のカンマ区切りでチャートに表示したい時に使える関数をご紹介します。

MQL5の公式フォーラムに同じ悩みを方がいらっしゃっていて、解決策も既に提示されておりました。

それが「How can 1000000 be formatted as 1,000,000 ?」です。

該当の関数を以下に転記しておきます。

//|【関数】数値⇒3桁区切り文字列変換
//|【戻値】3桁区切りの文字列
//|【備考】precision:表示したい小数点以下の桁数
string formatDouble(double number, 
                    int precision,
                    string pcomma = ",",
                    string ppoint = ".")
{
  string snum   = DoubleToStr(number, precision);
  int    decp   = StringFind(snum, ".", 0);
  string sright = StringSubstr(snum, decp + 1, precision);
  string sleft  = StringSubstr(snum, 0, decp);
  string formated = "";
  string comma    = "";

  while(StringLen(sleft) > 3){
    int    length   = StringLen(sleft);
    string part     = StringSubstr(sleft, length - 3, 0);
           formated = part + comma + formated;
           comma    = pcomma;
           sleft    = StringSubstr(sleft, 0, length - 3);
  }

  if (sleft == "-")  comma = ""; // this line missing previously
  if (sleft != "")   formated = sleft+comma+formated;
  if (precision > 0) formated = formated+ppoint+sright;

  return(formated);
}

上記関数を以下の要領で呼び出して使います。

string commaNumber = formatDouble(1000000.4, 0);

上記の場合、commaNumberには「1,000,000」が格納されます。

利用シーンはあまりないかもしれませんが、この機能って自分でゼロから考えだそうとすると、意外と苦戦します。

地味な機能ですが、良い仕事してくれますよ^-^

MQL4プログラミングの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG