Visual Studio Code (VSCode) は良いエディターかも

アイキャッチ

エディターはEA作成の必須ツール

これまで私はMQL4プログラミングのエディターとして、純正のメタエディターか秀丸を使ってきました。

当然のことながら、純正のメタエディターが最もMQL4プログラミングには適しているのですが、操作性がいまいちなんですよね。矩形選択できないとか。

やむを得ず秀丸を使っていたのですが、コンパイラが新しくなってから、コンパイル結果をアウトプット枠に吐いてくれなくなり、エラーのある行番号に直接ジャンプさせることができくなりました。

仕方なく古いコンパイラを使い続けていたのですが、そうすると今度は新しい書式のコードを正しく認識してくれないという…。

他に良いエディターはないかなぁとずっと探しておりましたが、ついに良さそうなエディターを見つけました!

その名もVisual Studio Code。通称、VSCodeです。

実は結構前に存在していたのですが、存在を知りませんでした。

このエディターはマイクロソフトが提供している無料のテキストエディターとなっています。

なぜこのエディターを使ってみようと思ったかというと、矩形選択ができ、コンパイラ結果でエラーのある行番号に直接ジャンプできるからです。

それと、HOW TO CODE & COMPILE MQL5 IN VISUAL STUDIO – A COMPLETE GUIDEなんていう素敵な記事を見つけたからです。

秀丸にあるマクロ(操作を記録し、それを再現する機能)は残念ながら存在しないようです。これさえあれば完璧だったんですけどね。

別の記事で細かい設定ファイル等を共有したいと思います。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

1件のコメント

  • 匿名

    設定ファイル、楽しみにしています!!

コメントを残す



six − 1 =