ヒゲの長さを計算する関数

アイキャッチ

ありそうでないヒゲの計算

たまにヒゲの長さと実体の長さを仕掛けや手仕舞いの条件に使うことがあります。

ヒゲってベーシックなものだと思うのですが、残念ながらMT4の標準関数にはヒゲの長さを求める関数はありません。

今まで都度計算していたのですが、今後のことも考えて関数化しました。

ちなみに、実体は始値と終値を差し引くだけなので、関数化していません。

使い方としては、最初の引数aHigeTypeで上ヒゲの長さを取得したいのか下ヒゲの長さを取得したいのかを指定します。あとは四本値を指定するだけです。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



eighteen + 13 =