ブログタイトルを「FX自動売買システム開発部」から「autoFX」に変更しました!

「loaded successfully」からの「removed」の原因と対処法

チャートと異なる時間枠を使うインジケーターで発生

とあるインジケーターを使ったEAのバックテスト時に、以下のログが出力されて、EAが正常に動作しない現象が発生しました。

23:59:56 2008.04.18 12:00 インジケーター名 EURUSD,H4: loaded successfully
23:59:56 2008.04.18 12:00 インジケーター名 EURUSD,H4: removed ← ロードした瞬間に削除!
23:59:56 2008.04.18 16:00 インジケーター名 EURUSD,H4: loaded successfully
23:59:56 2008.04.18 16:00 インジケーター名 EURUSD,H4: removed
23:59:57 2008.04.18 20:00 インジケーター名 EURUSD,H4: loaded successfully
23:59:57 2008.04.18 20:00 インジケーター名 EURUSD,H4: removed

特定の時間枠を使うタイプのインジケーターで、その時間枠のヒストリカルデータが存在しない場合に、上記のログが出力されるようです。

対処はいたってシンプルです。ヒストリカルデータが欠落している時間枠のヒストリカルデータを入手してセットするだけです。

FXDDから1分足のヒストリカルデータをダウンロードし、1分足(M1)から全ての時間足を生成するで他の時間枠の足を生成するのが手っ取り早いと思います。

トラブル・バグ・エラーの最新記事8件

>完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

完全放ったらかしEA 「AutoEndlessCatchRange」

「本業が忙しい!」「でも資産運用したい!」そんなあなたに最適なEAです。兼業トレーダーの方はチャートを毎日みて分析してトレードする時間はなかなか確保できないものです。トレードは本EAに任せて、本業やプライベートの時間をもっと増やしませんか?元々は自分自身のために開発したEAですので、手抜き無しのガチものです。

CTR IMG