cAlgoの3つのイケてない所

アイキャッチ

何でここはMT4を真似なかったんだろう

cTraderの開発プラットフォームであるcAlgo。今回は、cAlgoを使ってみて気づいた3つのイケてない所をMT4と比べながらお伝えします。

その3つとは、

  • オブジェクトがしょぼい
  • パラメーターがしょぼい
  • インジケーターの出力設定はチャート表示する前提
です。詳しく説明します。

オブジェクトがしょぼい

1つ目は、オブジェクトについてです。

MT4ではオブジェクトの位置をピクセル指定できたり、テキストを斜めにしたりできるのですが、cAlgoはそれができません。

なんと複数行のテキストを表示する機能もありません!これは信じられないです。

一応、改行コード「\n」を文字列に埋め込めば改行できますが…。ねぇ?

結構、不便です。

※訂正
cAlgoでも複数行のテキストを表示できました。逆にMT4では1つのオブジェクト内で改行できません。改行できるのはcAlgoの強みですね。

あと、オブジェクトの種類も圧倒的に少ないです。

MT4なら矢印とか各種マークを自在に使えますが、cAlgoにはそれがありません。オブジェクトとして用意されているのは線か1行テキストだけです。

トレードに関係ない装飾品にパワーを割くつもりはないのかもしれません。それはそれで潔いですが、不満です。

パラメーターがしょぼい

2つ目は、パラメーターについてです。

MT4のパラメーターでは色とか線種(直線とか)とかも選択できるようにすることが可能ですが、cAlgoはそれができません。パラメーターとして使えるのは数字か文字列しかありません。

超不便です。

例えば、横線オブジェクトを作ったとして、線の見た目って人によって好みが分かれますよね。直線が好きだったり、破線が好きだったり、白色が好きだったり黄色が好きだったり。そういうのを選ばせられ ないんですよ。

仕方ないので、特定の文字列を入力すると、内部で線種や色のデータに変換する仕組みを作りました。

トレードに関係ない装飾品にパワーを割くつもりはないのかもしれません。それはそれで潔いですが、不満です(二度目)。

インジケーターの出力設定はチャート表示する前提

3つ目はインジケーターについてです。

EAでインジケーターを呼び出すことってよくあります。そのため、EAがインジケーターの値を取得できるように、インジケーター側で出力設定を行うのが通常です。

MT4では、出力するけどチャートには表示しないといった設定が可能なのですが、cAlgoはそれができません。

超不便です。

インジケーターで出力設定した値はチャートに表示する前提となっています。「出力するのだから、チャートに表示しないなんてあり得ないよね?」ということでしょうか。

具体的な例で説明します。平均足のインジケーターを作ったのですが、平均足の見た目はオブジェクトで作りました。EAでは平均足の4本値を使うので、4本値を出力設定しました。

でも、4本値はチャートには表示したくないのです(ユーザーに意識させたくないのです)。平均足の見た目はオブジェクトで作っていますからね。

MT4ならこの要望に応えてくれます。しかし、cAlgoは応えてくれません。4本値も折れ線とかでチャートに表示しろと言ってきます。

一応、出力設定した値をユーザー側でON/OFFで切り替えることはできるのですが、デフォルトはONですし、そもそもON/OFFを意識させたくない(OFFだけでいい)のです。

トレードに関係ない装飾品にパワーを割くつもりはないのかもしれません。それはそれで潔いですが、不満です(三度目)。

以上、cAlgoがイケてないなぁと思う点でした。まだまだ発展途上のプラットフォームなので、そのうち改善されるかもしれませんし、改善されないかもしれません。惜しいなぁ。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



four + 6 =