cTrader(cAlgo)にもデータウィンドウと一応CSVファイル選択はあった

アイキャッチ

MT4のデータウィンドウよりも便利

cTrader(cAlgo)を使って気づいた7つのことに「データウィンドウがない」と書きましたが、嘘でした。ちゃんとありました。

当時は存在に気づきませんでした。

cTrader(cAlgo)ではデータウィンドウという名前ではなく、マーケットスナップショットと言います。

[ツール]メニューから[マーケットスナップショット]を選択するか、Ctrl+Dで表示されます。Ctrl+Dをオススメします。

マーケットスナップショットのメニュー

マーケットスナップショット

使ってみると、MT4のデータウィンドウより使いやすいです。チャート上にウィンドウが出るのは良いですね。

バックテスト用のCSVファイルも選択できるがイマイチ

MT4では任意のCSVファイルを読み込んでバックテストできますが、cTrader(cAlgo)にも一応その機能はあります。

バックテストのCSVファイル選択

ただ、画像をよく見てもらえば分かるのですが、1分足の始値のみで、ティックごとの動きは見れません。

その点は、疑似ティックではあるもののティックごとの動きが確認できるMT4に軍配が上がります。惜しいなぁ。

ビジュアルモードは無い(と思う)

MT4で言うところのビジュアルモードは残念ながら見当たりません。ティックごとの動きをチャートでチェックしたくても出来ないということです。これは痛いですね。

リアルタイムで判断するEAというかcBotの場合、デモ口座のフォワードテストしか方法が無いのはすごく不便です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



two × 4 =