AutoEndlessCatchRangeが完全放ったらかしできるワケ

アイキャッチ

相応のリスクを負っているからこそ実現できた完全放ったらかし

自動売買は良くも悪くも自動でトレードするだけの記事の最後に、「自動売買は完全放ったらかしで勝てるほど甘くない」という言葉で〆ました。

「あれ?AutoEndlessCatchRangeは完全放ったらかしできるってあるけど?」と疑問を持たれた方がいらっしゃるかもしれません。

ごもっともな疑問です。

AutoEndlessCatchRangeは完全放ったらかしを実現した手法であることは間違いありません。

なぜなら、完全放ったらかしできるように設計したからです。しかし、その代償として、口座破綻リスクや長期塩漬けリスクを背負っています(そのリスクが極力顕在化しないようにパラメータを調整していますけどね)。

私が一番伝えたかったのは、市販のEAを買って、それを分析して自分仕様にカスタマイズすることなく(労力をかけることなく)、いきなりライブ口座で運用して放ったらかしで儲けられるほど、甘い世界じゃないよということです。

自動売買という言葉の印象で、思考停止してしまう方がいらっしゃるので(私がそうでしたし)、自戒の念を込めて注意喚起の記事を作成した次第です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



14 + sixteen =