指定曜日のみトレードする機能

アイキャッチ

日付や時刻のフィルターと組み合わせるとバリエーション豊かに

年末年始時刻での仕掛けフィルターを作ってきましたので、ついでに曜日のフィルター機能も紹介します。

こちらも簡単に実現できてしまいます。関数ではないので、サンプルEAを直接載せておきます。

1本の足で1回だけエントリーする機能も混ざっていますが(仕掛けフィルターの1つ目のブロック)、ティックごとにエントリーするのを避けるためだけに入れていますので、無視してください。

仕掛けフィルターの2つ目のブロックが指定曜日のみトレードする機能の本体部分です。なお、gPrvBars = currentBars;は1本の足で1回だけエントリーする機能に必要な命令なので、1本の足で1回だけエントリーするわけではない場合は削除してください。

DayOfWeek()はサーバの曜日を取得する標準関数で、0が日曜で、それ以降、1(月)、2(火)・・・6(土)となります。

土日は元々トレードできませんから、月曜~金曜までで十分です。

各曜日のパラメータをtrueにすると、その曜日はトレードします。falseにすると、トレードしません。

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



16 − 14 =