年末年始はトレードしない機能

アイキャッチ

年末年始以外にも応用可

年末年始はトレードしない機能を読者の方から作って欲しいと頼まれましたので早速作ってみました。

びっくりするぐらい簡単に実現できてしまいます。関数ではないので、サンプルEAを直接載せておきます。

1本の足で1回だけエントリーする機能も混ざっていますが(仕掛けフィルターの1つ目のブロック)、ティックごとにエントリーするのを避けるためだけに入れていますので、無視してください。

仕掛けフィルターの2つ目のブロックが年末年始にトレードしない機能の本体部分です。なお、gPrvBars = currentBars;は1本の足で1回だけエントリーする機能に必要な命令なので、1本の足で1回だけエントリーするわけではない場合は削除してください。

Month()はサーバの日付(月)を取得する標準関数で、Day()は日付(日)を取得する標準関数です。

DecTradeEndDayとJanTradeStartDayは共にEAのパラメータで、それぞれ年末のトレード終了日、年始のトレード開始日を表しています。このサンプルの場合、12/25~1/7の間はトレードしないことになります。

これを応用すれば、年末年始に限らず、任意の期間のトレードを停止することが可能です。それはぜひご自身でチャレンジしてみてください。

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



1 × three =