よく使う関数をライブラリー化

アイキャッチ

本記事で公開しているライブラリーは公開当時のままで、古くなっております。最新版のライブラリーはこちらからダウンロードできます。

ライブラリーでコードがスッキリ

※2016/8/6 kumaさんのご指摘でcalcTimeDifference()に不具合があることが判明。修正しました。

共通機能を色々と作成してきましたが、1つのMQL4ファイルに記述するには量が膨大になってきました。

1,000行を超えてくるとコードが読みにくくなりますし、どこに何が書いてあるか探すのに苦労します。結果、メンテナンス性が落ちてしまいます。

そこで、登場するのが関数のライブラリー化です。関数をmql4ファイルの外に追い出す(ヘッダーファイルであるmqhファイルを作成し、そこに移動する)ことで、EA本体をすっきりさせる効果があります。

また、関数をmqhファイルに追い出し、それを各EAで呼び出すことで、mqhファイルを1つ修正するだけで、呼び出し元の全てのEAに反映させることが可能になります。同じ修正をあっちのEAにもこっちのEAにも適用しなきゃ、という事態から解放されます。

ライブラリー化する方法は、豊嶋久道氏の「FXメタトレーダー実践プログラミング」に詳しく説明されています。

豊嶋氏の内容は正確ですので基本を押さえる点では重要ですが、紹介されている方法はやや面倒です。ライブラリー化によりファイルが3つに分割されてしまうのも頂けません。

じゃあ、どうするかと言いますと、吉田章太郎氏のMT4で開発を楽にする方法に書かれている方法を採用します。つまり、mqhファイルに直接関数を記述する方法です。何といってもこの方が管理が楽です。これに勝るものはありません。他の利点については吉田氏の記事をご覧ください。

では、サンプルEAのライブラリー化に挑戦してみます。

まず、「MQL4」-「include」配下に「Original」フォルダを作成します。この中に、空のmqhファイルを作成し、設置します。

mqhファイル設置場所

その後、EAの冒頭に以下を追加します。

これにより、自作のライブラリーがEAにインクルード(読込み)されます。

mqhファイルは性質ごとに分けて、EAに直書きしていた各関数等を適切なmqhファイルに移動してください。ライブラリー化と言っても実はこれだけです。

サンプルEAと各mqhファイル

イメージが沸きづらいと思いますので、サンプルEAと各mqhファイルを載せておきます。Sample.mq4が非常にコンパクトになったのがよく分かると思います。

Sample.mq4

Basic.mqh

DateAndTime.mqh

OrderHandle.mqh

OrderReliable.mqh

ブログランキングに参加中!

ポチっとクリック頂けると励みになります♪
(クリックしてもランキング一覧が表示されるだけですが、それでOKです)

  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す



17 + seven =